アジア地区予選東京大会迫る


アジア地区予選東京大会が、10月18日に行われます。
競技に参加予定の方は、万全の準備で実力を発揮できるよう、東京大会からリンクされている関係ページを、もう一度確認しましょう。

こちらのページでは主に、選手以外の方に向けた情報を掲載予定です。

解説・中継動画 (一般向け)

コンテスト当日は、現地から中継や解説の動画が配信される予定です。詳しくは、
ICPCチャンネルを御覧ください。

順位表 (一般向け)

コンテスト当日には、順位表が以下のURLで公開される予定です。
http://icpcsec.storage.googleapis.com/icpc2014-regional-live/public/standings.html

オンライン体験参加 (一般向け)

aoj2014

今年の特別企画として、10月19日(日)9:50-14:50(予定)までの5時間で、ACM-ICPCアジア地区予選東京大会に参加する選手が解いているものと同じ問題を、インターネット上のオンラインジャッジで体験できる予定です。なお、この企画は会津大学のAizu Online Judge (AOJ)の協力のもと、試験的に実施するものです。技術的な理由により、予定通りには実施できない可能性があることを予めご了承ください。

日時: 10月19日(日)9:50-14:50(予定) アジア地区予選東京大会本戦の競技時間よりも30分遅れる進行となる予定です。
参加方法:
(1) AOJのアカウントを事前に作成し、問題の解き方に馴染んでおくことをお勧めします。アカウントの作成などは、チュートリアルを御覧ください。
(2) 競技開始時刻にAOJにアクセスし、案内に従ってください。
補足: 場合により、問題の公開を先行させ、提出プログラムに対する正誤の判定開始が遅れる可能性があります。また、アジア地区予選東京大会本戦とは、使用可能言語、時間制限、メモリ利用制限などが異なります。そのために、場合によってはAOJでは解けない問題も生ずるかもしれません。一部の問題は判定の対象外となる可能性があります。さらに、このオンライン体験参加では問題に関する質問はできません。
補足2: 体験参加なので、「何を参照してはいけない」などの制限は特に設けられていません。従いまして、選手が参加している正規コンテストとは条件が異なります。また体験参加の順位についても、各参加者が異なる条件で参加している可能性があることを念頭において理解する必要があります。

JavaChallenge (参加者・関係者向け)

ACM-ICPC参加チームとゲストが競う、JavaChallengeの概要が公開されています。以下のページを御覧ください: http://icpc.iisf.or.jp/2014-waseda/regional/java-challenge/