カテゴリー別アーカイブ: 海外派遣

Taipei Reigonal 2015

台湾で、この週末の2015. 12. 5-6に国立台湾師範大学でACM-ICPC Regional (地区大会)が開かれています。
http://icpc2015.csie.ntnu.edu.tw/index.php
日本からは、国内予選大学別順位1位の東京大学チームに加えて、京都大学、筑波大学、会津大学、立命館大学、北海道大学から参加がある模様です。健闘に期待しましょう。
https://icpc.baylor.edu/regionals/finder/taipei-2015

Daejeon Regional 2015

お隣の韓国では、この週末の2015. 11. 6. (Fri) ~ 11. 7. (Sat)にDaejeon でACM-ICPC Regional (地区大会)が開かれます。
http://icpckorea.org/2015-daejeon/regional
日本からは、国内予選大学別順位2位の慶應大学チームに加えて、大阪大学、筑波大学から合計三チームが参加する模様です。健闘に期待しましょう。
https://icpc.baylor.edu/regionals/finder/daejeon-2015/teams

追記: 問題文と順位表
大阪大学チームが2位、筑波大学チームが5位、慶応大学チームが16位と、上位に入賞した模様です(全80チーム)。

ICPC WF2015 世界大会 ドレスリハーサル

World Final2015 世界大会のドレスリハーサルがはじまりました。日本から参加している3チーム(東京大学、京都大学、筑波大学)も頑張っています。

東大s

京大s

tsukubas

日本チーム席順

ドレスリハーサルは、本番同様のシステムで練習する機会です。世界大会では、選手は大学毎のTシャツを着用し、バッヂと呼ばれるネームプレートを首から下げます。重ね着はTシャツの下にのみ認められ、バッヂの位置にも指示が入ります。それらのリハーサルも兼ねるためドレスリハーサルと呼ばれるようです。各チームの机には、筆記具、紙、電卓と、到着初日の手続きで持ち込みを申請したライブラリやマスコットなどが置かれています。ドレスリハーサルや世界大会本戦の入場時には、(財布等を除いて)何も持ち込むことができません。

世界大会 WF2015 はじまる

昨年の世界各地の地区予選(Regeonals)を通過した128チームが世界一の座を競う世界大会が、モロッコ マケラシュではじまりました。今年は日本から、東京大学京都大学筑波大学の代表、3チームが到着しています。myicpcには、各国の参加者が現地の様子を投稿しています。

世界大会本戦は、現地時間で5月20日(水) 10:30 – 16:00 (日本との時差は+8時間なので日本時間の 18:30 – 24:00) に予定されています。ぜひ応援を。例年通りですと、大会当日には、各チームが今どの問題に正解しているかを表すスコアボード (その2)、写真、さらに動画でインタビューや問題解説の中継(英語)などがリンク先で行われると予想されます(分かり次第更新します)。

世界大会 WF2015 実況配信:WF2015の開催に合わせ、ニコニコ生放送にて、日本チームを応援する実況配信が行われることになりました。
日時 5月20日(水) 18:00-
配信URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv221670673
こちらの配信はACM-ICPC OB/OG会(有志)によるもので、現地からの情報とともに、日本から参加している学生の順位や、出題されている問題の概要説明、および可能であれば解説が行われる予定です。

2015-05-17 11.00.54-32015-05-16 18.22.22-2

風船の色と問題の対応