応援メッセージ(アジア地区大会2018)

来るACM-ICPアジア大会に参加するみなさまに向けて、協賛していただいた企業の方々からいただいた応援メッセージを掲載します。全文は、応援メッセージのページをご覧ください。

株式会社オプト opt こんにちは、株式会社オプトの潮田です。アジア地区予選に出場する皆様、国内予選突破おめでとうございます。競技プログラミング界隈では謙遜なさる方が多い印象ですが、国内予選で涙を飲むチームは多く、アジア地区予選進出というのは実際素晴らしい成績です。自らの健闘を大いに誇りましょう。改めて本当におめでとうございます!オプトにおいては→全文
株式会社フィックスターズ pfn 皆さんこんにちは。株式会社フィックスターズの長江・吉田です。アジア地区横浜大会に出場されるみなさま、国内予選通過おめでとうございます!アジア大会も近くなり、みなさまはその準備や精進に努めていることかと思います。私達フィックスターズでは、ハードウェアの特性を考えたデータ構造やアルゴリズムの設計などを行いプログラムの高速化を行います。→全文
オン・セミコンダクター ACM-ICPCに参加されるみなさん オン・セミコンダクター・ジャパン人事部牧と申します。本選出場の資格を得られたチームの方々、誇り高い勝負の場に挑まれることおめでとうございます。オン・セミコンダクターは標準部品からSoCまで、コネクティビティ、センシング、パワーマネジメント、アナログ、ロジック、タイミングデバイス、オプトエレクトロミクス、→全文

IOI ボランティア募集のお知らせ

今年9月,ICPCと関係性の高い情報オリンピックの世界大会が日本で開催されます.

IOIでは,ボランティアを募集しています.〆切が過ぎていますが,まだまだ参加者を募集していますので,是非,応募をご検討下さい.

特に,ICPC経験者は,「OB / OG / 競技プログラミング経験者」の枠で,重要な役割を果たすことが期待されており,条件も優遇されています.国内予選だけしか参加したことがない,等でもかまいません.なお,交通費等は支給され,宿泊についても実行委員会にて負担されます.

ボランティア募集

お知らせ

日本主催のICPC実行委員会の主催ではないですが,選手のみなさまに参考になると考え,こちらに投稿します.

———————————————————————————

バルセロナ・プログラミング・ブートキャンプ 開催のお知らせ

ICPC 国内予選に参加された皆さん、はじめまして。スペイン・バルセロナにある、テクノロジとデザインに特化した私立大学 Harbour.Space University の奥野です。
当校はこの秋、モスクワの ICPCワークショップと提携し、ICPC 世界大会出場・ワールドチャンピオンを目指すための、第3回・プログラミング・ブートキャンプを開催します。
—-
日付:2018年9月26日〜10月4日
場所:スペイン、バルセロナ
参加費:1270ユーロ / 1人 (8月1日以前に登録と支払いを済ますと、早期登録割引を適用) (参加費にはトレーニング、簡単な朝食と昼食、宿泊(ホステル)、レジャーイベントやエンターテインメント等含む)
言語:英語
詳細・申込:ウェブサイト
—-

特別講師として、世界大会優勝常連校で、自身も過去何度も優勝している、サンクトペテルブルグ大学教授 アンドレイ・スタンコビッチ氏や、コードフォース社 CEO マイク・ミルザヤノフ氏などを招きます。
毎日、参加者には本番同様の問題にチャレンジしてもらい、その後講師による解説と講義を行います。彼らから直接指導を受けることができる機会は、このブートキャンプしかありません。
アンドレイ・スタンコビッチ氏 講義の様子
マイク・ミルザヤノフ氏 講義の様子

彼らが言うように、世界大会で本来の力を発揮するには、オンライン外で、様々な国の参加者が集まる、本番さながらの雰囲気を事前に体験することが重要になります。そして、当ブートキャンプはその場を提供することができます。

また、トレーニング以外でも、市内観光やグローバル企業との面談の機会など、様々なアクティビティを予定しています。約30ヶ国から参加者が集まる予定ですので、9日間を通しての国際交流も楽しみの一つです。
ブートキャンプの様子

12月のアジア横浜大会、そして来年の世界大会に向けての準備や自身のスキルアップ、また、日本からグローバルに活躍していく足掛かりに、当ブートキャンプを利用してみませんか?
早期割引をご用意しています。お申込は、上記ウェブサイトか、奥野までお問合せください。不明点や質問などありましたら、いつでも対応致します。電話も可能です。皆様のご参加を、お待ちしております!

問合せ:rie.okuno@harbour.space (担当:奥野)

———————————————————————————

応援メッセージ(国内予選大会)

来るACM-ICPC国内予選大会に参加するみなさまに向けて、協賛していただいた企業の方々からいただいた応援メッセージを掲載します。全文は、応援メッセージのページをご覧ください。

 

株式会社 bitFlyer bitflyer ICPC2018横浜大会に参加される皆さん、こんにちは。2018年より、bitFlyer は ICPC に参加される皆様をスポンサーとしてお手伝いさせていただくことになりました。当社は国内最大級の仮想通貨・ブロックチェーン企業です。当社が開発したプライベート・ブロックチェーン「miyabi」は、既に金融や製造、小売、不動産など、日本のさまざまな業界で活用され→全文
株式会社Preferred Networks pfn ACM-ICPC に参加される皆様、こんにちは。私は株式会社 Preferred Networks(通称:PFN)でエンジニアをしている今城健太郎です。ICPC のアジア地区予選には 2008 年から 4 度参加し、最後の年には ICPC World Finals に派遣していただきました。ICPC は、社長を始めとして多くの在籍メンバーが参加していたこともあり、とても思い入れの深い大会です。→全文
株式会社MUJIN mujin 皆さんこんにちは!MUJINの山内です!去年に引き続き、今年もスポンサーとして皆さんを応援することができ、嬉しく思います。準備のほうはいかがでしょうか?皆さんが全力を出し切って戦えることを心より祈っております。MUJINは、高度なソフトウェア技術力により、産業用ロボットに「脳」と「目」を与え自律的に動作させる次世代のロボット制御システムの開発と→全文
株式会社リクルート recruit ICPC参加者のみなさんこんにちは!こちらのコーナーでは株式会社リクルート(Indeed Tokyo)を代表して劉がご挨拶申し上げます.まず,みなさんはICPCにどんな思いを抱いているでしょうか.プロコンが好きで大学生だから出てみよう!(又は,そういった友達に連れられて参加している)という方が多いのではないのでしょうか.コンテストがあればとりあえず出る→全文
LINE株式会社 line ACM-ICPC に参加されるみなさま、 LINE株式会社で広告やデータまわりの Product Management をやっている副田です。ICPC には選手として数回参加した後、コーチの互助組織(OB/OG の会)の立ち上げ等に関わりました。2018年3月時点で、LINEがサービスを提供している主要4カ国(日本・台湾・タイ・インドネシア)でのMAUは1億6500万になりました。これらの国→全文
日本タタ・コンサルタンシー・
サービシズ株式会社
tcs みなさん、こんにちは。日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ天野です。当社は、インドに拠点を置く世界有数のコングロマリット、タタ・グループのIT企業TCSと、世界中でビジネス展開する三菱商事の合弁会社です。今、AIやIoTといったデジタル技術は著しい変化を続け、企業は変革が求められています。いかに迅速にアジャイルな事業体制を構築できるか→全文
グーグル合同会社 google みなさん、こんにちは!昨年まで選手やコーチとして参加していた自分が、いろいろ思い出しながら企業メッセージを書く立場になるのは感慨深いです。アルゴリズムを考えてプログラムとして表現する楽しさを目一杯味わってもらえたら嬉しいです。ところで、Google からの今年の企業賞は、「国内予選の総正答数を N としたとき、1 googol (=10^100) mod N 番目の正答→全文
株式会社いい生活 e-seikatsu writer: 株式会社いい生活 アルゴリズム同好会会長 越智来人 ■ A – e-seiseki ICPC 国内予選の成績のうち、次の条件を満たすものをいい成績と定義する。 * アジア横浜大会の出場チームに選抜されること。 * 任意のチームメンバーが悔いを残さないこと。 * その他、各自が定めた目標を達成すること。 あなたは N 週間後にICPC国内予選を控えている。→全文
株式会社ドワンゴ dwango ドワンゴは、niconicoなどのWebサービスの運営する会社です。アプリケーションやサービス開発だけにとどまらず、低レイヤなソフトウェア開発はもちろん、FPGAを用いたハードウェア開発まで行い、幅広い分野の技術者が活躍しています。また、機械学習, 3DCG, コンピュータビジョンなどに関連した研究開発を行うドワンゴメディアヴィレッジという組織→全文
株式会社フィックスターズ fixstars 皆さんこんにちは。株式会社フィックスターズの吉田・長江です。私達は去年、一昨年とACM-ICPCに選手、コーチとして参加していましたが、今回はスポンサーとして皆様をサポート出来ることを嬉しく思います。フィックスターズでは、ハードウェアの性能を最大限引き出せるようなアルゴリズムを設計しプログラムを書きます。そのためどの演算がどの程度行われるか→全文
NTTコミュニケーションズ株式会社 ntt みなさん、こんにちは。NTTコミュニケーションズ採用育成担当です。今年もみなさんを応援させていただけることになり、大変嬉しく思っています。NTTコミュニケーションズは、世界中に張り巡らされたネットワークやデータセンターを強みとし、世界中のお客様に音声サービスやネットワーク、クラウドやその上で動くアプリケーションサービスを提供しています。→全文
freee株式会社 freee こんにちは、freee株式会社CTOの横路です。freeeにはACM-ICPCのアジア大会に入賞経験があるメンバーが在籍するなど、アルゴリズム・コーディングへの深い洞察を持つエンジニアが多く活躍しています。技術的な高い知見に基づいて、ユーザーの課題を本質的に解決できるサービス作りを目指し、様々な技術的強みを持つチームが、切磋琢磨しながら開発に→全文
株式会社レトリバ retrieva 株式会社レトリバの岩田です。学生時代には皆さんと同じように、ICPCに参加していました。去年に引き続き、スポンサーとしてみなさんを応援できることを嬉しく思います。レトリバでは、コールセンターの課題を解決するために、様々なソフトウェアの研究開発や製品開発を行っています。その際に必要となる知識は、音声認識、自然言語処理、機械学習→全文
株式会社オプト opt こんにちは、株式会社オプトの潮田です。ACM-ICPC国内予選にご参加の皆様、コンテスト当日が迫っていますが準備は万端でしょうか?ライブラリの整備や個別の練習もですが、3人1組でPCを使うという特有の形式も意識しておくと良いでしょう。OB/OGの会による模擬国内予選も助けになると思います。自分も学生の頃にはICPCに参加しており、World Finalsにも→全文
株式会社ディー・エヌ・エー ACM-ICPC 2018 国内予選に参加される皆様、こんにちは。株式会社ディー・エヌ・エーのエンジニア汐田です。ICPCには2009年度から2013年度まで参加し、アジア地区大会にも参加させていただきました。ICPCは私が本格的にプログラミングに興味を持つきっかけでもあり、最も思い入れのある大会です。→全文