応援メッセージ

来るACM-ICPCアジア地区大会に参加するみなさまに向けて、協賛していただいた企業の方々からいただいた応援メッセージを掲載します。

掲載順: 株式会社MUJIN LINE株式会社 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社 グーグル合同会社 株式会社オプト 株式会社フィックスターズ オン・セミコンダクター  NTTコミュニケーションズ株式会社 株式会社いい生活 株式会社アカツキ 株式会社ドワンゴ freee株式会社 株式会社レトリバ


株式会社MUJIN

予選突破、おめでとうございます!厳しい予選を勝ち抜いた実力TOPの皆さんの、本選でのご活躍を楽しみにしています。

MUJINは産業用ロボットを知能化するソフトウェアを開発している企業です。技術革新により複雑工程の自動化に成功し、労働人口減少という社会問題解決に寄与しています。
ロボティクスは、ハードとの兼ね合いや外的環境も関係するため、広範囲にわたる分岐・制御を考慮に入れる必要があり、アルゴリズム・エンジニアスキルの応用場面がとても多い分野です。MUJINにもACM-ICPCやImagineCup活躍者が多く、ここでの経験は必ず今後のキャリアに活きると思います。

当日、皆さんが全力を発揮されるよう心より応援しています!また、大会を通して培ったスキル・仲間の繋がりを大切に、世の中に貢献していただくことを願っております。それでは、お会いできるのを楽しみにしております。

株式会社MUJIN
HR・PR本部 本部長
山内 龍王


LINE株式会社

みなさま、アジア地区予選への出場、おめでとうございます!

「国内」予選から「アジア」地区予選へと駒を進めたことで、よりアジア各国の大学からのチームの存在感が近くに感じらることになると思います。

近年、アジア地区は IT のマーケットとしての成長も著しいですが、それ以上にIT イノベーションが生まれる地域としての存在感も増しています。そういった中で、本コンテストを通じて、皆様が良きライバルと出会えることを、更にはその上で良き成績を収められることを切に願っています!

​なお、LINEは開発拠点とマーケットをアジア各地に広げています。国境を超えての活躍に興味のある方は、ぜひともお声がけ下さい!

Congratulations, to teams who have made it to the Asia regional contest!

As the contest moves on from domestic to area regional, you will see more teams coming from universities all over the Asia region. While information technology is borderless and global, you might have noticed that Asia has become important, not just as a growing market, but the source of innovation, and it is very important for you to know who your neighbors are. We hope that you make the best of the contest, not just as a challenge in your programming skills, but also to know how good your neighbors are.

By the way, LINE is a company with development sites and markets spread across all Asia; if you felt like starting your carrier at some global scale, consider joining us!


日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社

こんにちは。日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(日本TCS)です。

国内予選を突破し、アジア地区横浜大会に選抜された45チームの皆さん、おめでとうございます!
大会の時が近づき、いよいよ本格的な準備に取り組まれていることと思います。

日本TCSは、インドに拠点を置く世界有数のコングロマリット、タタ・グループのIT企業タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)と、日本有数の総合商社である三菱商事の合弁会社です。

TCSは、ITサービスブランドのビッグ3にも位置づけられる世界有数のITサービス企業であり、
約40万人の従業員が世界46カ国で事業を展開しています。
そして日本TCSは、業界最高水準のITサービス、ビジネスソリューション、デリバリー力、そして日本市場に関する豊富な知見を駆使し、日本企業のグローバル化とビジネス変革を支援しています。

TCSは社内外を問わず、未来を担うエンジニアの育成に対しても積極的に取り組んでいます。
本大会においてもACM-ICPCのスポンサーとして、皆さんの挑戦を応援することができ、とても光栄に思います。

近年、日本企業においても”デジタルトランスフォーメーション”という言葉が多く聞かれるようになり、ビジネス環境において、デジタル化は必要不可欠な要素となってきました。
皆さんが、競技プログラミングを通して磨かれたプログラミング技術やチームワークは、
今後の皆さんにとって、かけがえのない財産になると確信しています。

本選には、現場で活躍中のエンジニアと共に応援に参りますので、ぜひ当社ブースへ遊びに来てください。皆さんのチームがコンテストで存分に実力を発揮され、大いにエンジョイされること願っています。

それでは、皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
HR 採用部 採用マネージャー 天野留美子


グーグル合同会社

みなさん、国内予選突破おめでとうございます!Google でソフトウェアエンジニアをしている瀧瀬です。 Chromebook 上で Android アプリを動かす機能の開発をしています。ICPC で学んだアルゴリズムを駆使するような機能の実装から、複雑な並列化など実際の業務ならではのタスクまで、日々さまざまなワクワクする課題に取り組んでいます。

アジア地区大会では、出題される問題も難しくなり、より多くの量のコードを書くことになるかと思います。シビアな時間制限の中、さまざまな予想外のトラブルにも直面するでしょう。しかし、ICPC はチーム戦です。そんなときこそぜひ、一緒に戦っている仲間と励まし合って後悔のない結果を残せるよう頑張ってもらえたらと思います。応援しています!

ソフトウェアエンジニア, 瀧瀬 和樹


こんにちは、株式会社オプトの潮田です。
アジア地区予選に出場する皆様、国内予選突破おめでとうございます。競技プログラミング界隈では謙遜なさる方が多い印象ですが、国内予選で涙を飲むチームは多く、アジア地区予選進出というのは実際素晴らしい成績です。自らの健闘を大いに誇りましょう。改めて本当におめでとうございます!
オプトにおいてはエンジニアによる自主的な勉強会が複数開催されており、その中の1つとして競プロ会があります。週に1回有志が集まって過去問を解き、解法を解説したり議論したりする会です。学生の頃から競技プログラミングに親しんでいた人や社会人になってから初めて触れた人などバックグラウンドは様々ですが、各人自由に楽しんでいます。横浜大会当日はブースにおりますので、ICPC現役の皆様と是非お話をしたいですね。
どのチームも本番で存分に実力を発揮できることを祈っております。英語問題文や英語配列キーボードに慣れておくのもお忘れなく。gl&hf!

株式会社オプト
テクノロジー開発部
シニアエンジニア 潮田 資秀


株式会社フィックスターズ

皆さんこんにちは。株式会社フィックスターズの長江・吉田です。

アジア地区横浜大会に出場されるみなさま、国内予選通過おめでとうございます!
アジア大会も近くなり、みなさまはその準備や精進に努めていることかと思います。

私達フィックスターズでは、ハードウェアの特性を考えたデータ構造やアルゴリズムの設計などを
行いプログラムの高速化を行います。
また,近年は自動運転事業,機械学習事業,量子コンピュータを用いた事業など高度な技術を駆使した問題解決にも挑戦しています.
これには様々な知識や問題解決能力・実装力などが必要となりますが、これらはACM-ICPCで培われたものが活きると思います。

アジア大会では国内予選以上に難しい問題が出題され、ハイレベルな戦いになると思います。
しかしそれだけにやりがいや楽しみがあると思いますので、
みなさまが本番で悔いを残さず全力を出せることを祈っております。
また、他のチームと交流することもできますので、ぜひ親睦を深めて楽しんでください。

みなさまとお会いできることを楽しみにしています!

エンジニア 長江・吉田


オン・セミコンダクター

ACM-ICPCに参加されるみなさん
オン・セミコンダクター・ジャパン人事部牧と申します。  本選出場の資格を得られたチームの方々、誇り高い勝負の場に挑まれることおめでとうございます。

オン・セミコンダクターは標準部品からSoCまで、コネクティビティ、センシング、パワーマネジメント、アナログ、ロジック、タイミングデバイス、オプトエレクトロミクス、ディスクリートデバイスなどエネルギー効率の高いソリューションの包括的なポートフォリオを提供しております。 お客様が新製品の開発コストを削減し、上市までの期間短縮をサポートすると同時に、地球環境保全のためエネルギー消費・水使用量・二酸化炭素排出量の削減縮小に向けて様々な取り組みを行っています。 IoT製品の更なる進化と普及を支える戦略部品の開発を世界140を超える拠点で開発・製造しており、日本にも開発センターが1拠点、製造工場が2拠点あります。

社会や技術の構造の進化が激しいこれからの時代に向け、問題解決意欲と能力の高い学生さんをこのような大会を通してサポートができることを当社としても非常に貴重な機会と認識しています。 一方で、時代が変わっても比較的普遍的なフェアプレーの精神・あくなき探究心・レジリエンスなどをプログラミングコンテストを通じて磨かれている学生の皆さんに 敬意の念を禁じ得ません。今年も学びの多い、熱い大会になることをお祈りしております。

表彰式の後に皆さんにお目にかかれるのを、楽しみにしています。


NTTコミュニケーションズ株式会社

横浜大会本選に出場される選手のみなさん、予選突破おめでとうございます!
現在、みなさんは、本選に向けた準備を進めていることと思います。
みなさんが本選でも満足できる結果を残せるように応援させていただきます。

わたしたちNTTコミュニケーションズは、参加企業としてだけではなく、
会場内ネットワークの提供というかたちでも、みなさんを応援させていただいています。

私たちは、世界中に張り巡らされたネットワークやデータセンタといったインフラ基盤を強みとし、ビッグデータやIoT、AI、セキュリティといった先進的な技術分野を組み合わせることで
世界中のお客さまに向けてビジネスを革新するソリューションとサービスを提供しています。

大会当日はクラウドやビッグデータやAI、ネットワークなどの分野で活躍している
エンジニアたちとみなさんの応援に伺います。みなさんに横浜で会えるのを楽しみにしています!

NTTコミュニケーションズ 採用育成担当
千々岩真志


株式会社いい生活

株式会社いい生活の井上です。
国内予選の突破、おめでとうございます。私も学生の頃はICPCに参加していましたが、年々参加者のレベルが上がっているのを感じていました。そんな中、国内予選を突破した選手の皆さんは優秀な方ばかりだと思います。今は追い込みをかけている頃かと思いますが、悔いのない結果が残せるように頑張ってください。
我々「いい生活」では、不動産に関する膨大な情報を取り扱っています。それらを効率よく扱うためには、アルゴリズムに精通したエンジニアが必要です。実際に、適切なアルゴリズムを考えて実装する力や、他人が理解しやすいコードを書く力は、仕事でも役立っています。また、社内にはアルゴリズム同好会があり、勉強会の開催などを行ってアルゴリズムを楽しんでいます。
ICPCでの体験は貴重だと思うので、多くのことを学んでください。皆さんが全力で楽しめるように願っています!

株式会社いい生活
アルゴリズム同好会 井上貴文


株式会社アカツキ

こんにちは。株式会社アカツキです。
国内予選を通過されたみなさま、改めておめでとうございます!
現在は本番に向けて準備に集中されていることかと思います。

私たちは、心が求める活動がみんなの幸せの原動力となる世界「A Heart Driven World.」をビジョンに掲げ、世界をカラフルに輝かせることを目指している会社です。
人気タイトルを多数揃えるモバイルゲーム事業、リアルな体験を届けるライブエクスペリエンス事業を柱として、心が踊り、感動とつながりをもたらすエンターテインメントをグローバルに展開しています。

例えば主力のゲーム事業では最高のユーザ体験を実現させるため、UI やロジックの最適化はもちろん、インフラとデータベースのチューニング、OS の最適化まで妥協なく取り組んでいます。

また、アカツキの開発現場ではお互いを尊重しあいながらチームで成果を出すことをとても大切にしています。みなさんチームのメンバーとコミュニケーションをとり、互いに協力しながら、ここまで勝ち上がってきたことと思います。この経験は今後のみなさんのキャリアを考える上でもきっと役に立つはずです。
当日、みなさんが実力を発揮できるよう、心から応援しています。
ぜひ楽しみながら頑張ってくださいね!

株式会社アカツキ


株式会社ドワンゴ

みなさん、こんにちは。
ドワンゴ競技プログラミング同好会です。

ドワンゴは、Webサービスの運営しており、10年以上続くniconicoをはじめ、VR事業やゲーム事業など新しい取り組みにも果敢に取り組んでいます。
私たちが大切にしたいのは、技術力を生かしたサービスであることと、ユーザーが心から楽しい体験を、サービスを通じて提供していくことです。

アジア地区予選へ参加される皆さんは、きっと競技プログラミングの世界に魅了され、競プロ≒1種のエンタメのような気持ちで日々の練習に勤しんでいることと思います。
競プロは、もちろん一人で楽しむこともできますが、チームで取り組んで成功した時や、応援を受けながら勝ち進んだ時の感覚は、何ものにも代えがたいものだと思います。
ネットの世界で、コンテンツや価値観を共有したり、議論ができるような場を、自社のサービスを通じて提供できたらと考えています。
ドワンゴには競プロ経験者が多く働いており、サービス開発における複雑な課題や問題に取り組んでいます。きっと、みなさんを飽きさせない課題に、出会えると思います。

最後になりますが、ICPCは日本中・世界中の学生と競い合い、人脈を広げるまたとない機会です。皆さんのご健闘を願っています。

ドワンゴ競技プログラミング同好会 一同


freee株式会社

ACM-ICPCに参加される皆さん

こんにちは、freee株式会社CTOの横路です。
freeeにはACM-ICPCのアジア大会に入賞経験があるメンバーが在籍するなど、アルゴリズム・コーディングへの深い洞察を持つエンジニアが多く活躍しています。技術的な高い知見に基づいて、ユーザーの課題を本質的に解決できるサービス作りを目指し、様々な技術的強みを持つチームが、切磋琢磨しながら開発にあたっています。

freeeは「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」というミッションを掲げ、中小企業の方々がそれぞれの事業に持つ夢や思いを実現できるよう、彼らの可能性を広げるためのテクノロジーを開発しています。
機械学習などの最新の技術を取り入れたクラウド型の会計ソフト・人事労務ソフトによって面倒な作業を効率化し、中小企業の方々が本当にやりたいことに集中できる環境を生み出しています。さらに、それらサービスを通じてお預かりしている「会計・人事」という企業活動の根幹に関わるデータを活用することで、よりよい経営の意思決定に繋がるサポートができるようにしています。

※上の写真はエンジニアメンバーで屋形船での納会を開催したときの写真です。
皆さんがACM-ICPCのコンテストに向けて技術やチームワークを高めていらっしゃるご経験は、まさにサービスを開発する上で必要なものであり、今後のキャリアにとても活きるものだと思います。皆さんが、横浜での予選大会で力を発揮されることを、精一杯サポートさせていただきます。応援しています!

freee株式会社
CTO 横路 隆


株式会社レトリバ

ACM-ICPC横浜アジア地区予選に参加される皆様。株式会社レトリバの西鳥羽です。

日本地区予選突破おめでとうございます。横浜大会では国内予選の時以上にプレッシャーがかかり、コーディング力やチームワークが求められるかと思いますが全力が出せるよう応援しています。

レトリバでは自然言語処理、音声認識、情報検索を用いて企業向けのソフトウェアを開発していますが、日々効率的なアルゴリズムの実装やピアレビュー、デバッグなどの機会は現れてきますので皆さんが培われた力は将来発揮される場はございます。実際、私の他にもACM-ICPC経験者はおり、問題に対する考察力やプログラムを速く正確に実装する力はソフトウェアの製品開発に役立っています。

私やほかのメンバーもプログラミングやアルゴリズムの話が大好きです。アジア地区予選横浜大会では応援に参ります。去年に引き続き皆さんと横浜でお会いできることを楽しみにしています。

西鳥羽 二郎 取締役副社長/Chief Research Officer