応援メッセージ

来るACM-ICPCアジア地区大会に参加するみなさまに向けて、協賛していただいた企業の方々からいただいた応援メッセージを掲載します。

掲載順:株式会社オプト 株式会社フィックスターズ オン・セミコンダクター


株式会社オプト

こんにちは、株式会社オプトの潮田です。
アジア地区予選に出場する皆様、国内予選突破おめでとうございます。競技プログラミング界隈では謙遜なさる方が多い印象ですが、国内予選で涙を飲むチームは多く、アジア地区予選進出というのは実際素晴らしい成績です。自らの健闘を大いに誇りましょう。改めて本当におめでとうございます!
オプトにおいてはエンジニアによる自主的な勉強会が複数開催されており、その中の1つとして競プロ会があります。週に1回有志が集まって過去問を解き、解法を解説したり議論したりする会です。学生の頃から競技プログラミングに親しんでいた人や社会人になってから初めて触れた人などバックグラウンドは様々ですが、各人自由に楽しんでいます。横浜大会当日はブースにおりますので、ICPC現役の皆様と是非お話をしたいですね。
どのチームも本番で存分に実力を発揮できることを祈っております。英語問題文や英語配列キーボードに慣れておくのもお忘れなく。gl&hf!

株式会社オプト
テクノロジー開発部
シニアエンジニア 潮田 資秀


株式会社株式会社フィックスターズ

皆さんこんにちは。株式会社フィックスターズの長江・吉田です。

アジア地区横浜大会に出場されるみなさま、国内予選通過おめでとうございます!
アジア大会も近くなり、みなさまはその準備や精進に努めていることかと思います。

私達フィックスターズでは、ハードウェアの特性を考えたデータ構造やアルゴリズムの設計などを
行いプログラムの高速化を行います。
また,近年は自動運転事業,機械学習事業,量子コンピュータを用いた事業など高度な技術を駆使した問題解決にも挑戦しています.
これには様々な知識や問題解決能力・実装力などが必要となりますが、これらはACM-ICPCで培われたものが活きると思います。

アジア大会では国内予選以上に難しい問題が出題され、ハイレベルな戦いになると思います。
しかしそれだけにやりがいや楽しみがあると思いますので、
みなさまが本番で悔いを残さず全力を出せることを祈っております。
また、他のチームと交流することもできますので、ぜひ親睦を深めて楽しんでください。

みなさまとお会いできることを楽しみにしています!

エンジニア 長江・吉田


オン・セミコンダクター

ACM-ICPCに参加されるみなさん
オン・セミコンダクター・ジャパン人事部牧と申します。  本選出場の資格を得られたチームの方々、誇り高い勝負の場に挑まれることおめでとうございます。

オン・セミコンダクターは標準部品からSoCまで、コネクティビティ、センシング、パワーマネジメント、アナログ、ロジック、タイミングデバイス、オプトエレクトロミクス、ディスクリートデバイスなどエネルギー効率の高いソリューションの包括的なポートフォリオを提供しております。 お客様が新製品の開発コストを削減し、上市までの期間短縮をサポートすると同時に、地球環境保全のためエネルギー消費・水使用量・二酸化炭素排出量の削減縮小に向けて様々な取り組みを行っています。 IoT製品の更なる進化と普及を支える戦略部品の開発を世界140を超える拠点で開発・製造しており、日本にも開発センターが1拠点、製造工場が2拠点あります。

社会や技術の構造の進化が激しいこれからの時代に向け、問題解決意欲と能力の高い学生さんをこのような大会を通してサポートができることを当社としても非常に貴重な機会と認識しています。 一方で、時代が変わっても比較的普遍的なフェアプレーの精神・あくなき探究心・レジリエンスなどをプログラミングコンテストを通じて磨かれている学生の皆さんに敬意の年を禁じ得ません。 今年も学びの多い、熱い大会になることをお祈りしております。

表彰式の後に皆さんにお目にかかれるのを、楽しみにしています。