応援メッセージ

来るACM-ICPC国内予選に参加するみなさまに向けて、協賛していただいた企業の方々からいただいた応援メッセージを掲載します。

掲載順: 株式会社 bitFlyer 株式会社Preferred Networks 株式会社MUJIN 株式会社リクルート 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社 グーグル合同会社 株式会社いい生活 株式会社ドワンゴ 株式会社フィックスターズ

 


株式会社 bitFlyer

ICPC2018横浜大会に参加される皆さん、こんにちは。2018 年より、bitFlyer は ICPC に参加される皆様をスポンサーとしてお手伝いさせていただくことになりました。

当社は国内最大級の仮想通貨・ブロックチェーン企業です。当社が開発したプライベート・ブロックチェーン「miyabi」は、既に金融や製造、小売、不動産など、日本のさまざまな業界で活用されており、日々開発を続けています。

2014 年の創業以来、bitFlyer のビジネスは優秀なエンジニアによって牽引されてきました。中には ACM-ICPC 日本代表として世界大会に挑んだエンジニアも在籍しています。未知の問題に対処する論理的思考や課題を多面的に捉える視点など、競技プログラミングを通して培われる能力は多くあります。bitFlyer はそうした能力を高く評価しており、優秀な方には新卒社員であっても最高年俸 {(3,2,9,4,6,4) を sum((a,i)=>(10-i)!*a) に適用} 円の提示など、実力にふさわしいステージをご用意しています。

競技プログラミングを通してスキルを磨き、チーム一丸となって世界を目指す皆さんを bitFlyer は全力で応援しています。これまで積み重ねてきた努力の結果をすべて出し切り、心から楽しめる大会にしてください!

株式会社 bitFlyer

エンジニア一同


株式会社Preferred Networks

ACM-ICPC に参加される皆様、こんにちは。私は株式会社 Preferred Networks(通称:PFN)でエンジニアをしている今城健太郎です。ICPC のアジア地区予選には 2008 年から 4 度参加し、最後の年には ICPC World Finals に派遣していただきました。ICPC は、社長を始めとして多くの在籍メンバーが参加していたこともあり、とても思い入れの深い大会です。PFN では現在、深層学習を使って世の中の様々な問題を解決すべく研究開発を行っています。深層学習関連のコア技術の研究開発はもちろん、その応用に関してもデータやタスクに応じた適切な手法の選択や非自明な工夫がなければ上手くいかないことがほとんどであり、ここに ICPC で培った問題解決に必要なアルゴリズムを見抜く力や実装力が活きていると日々感じています。また ICPC は、他の多くの大会とは異なりチームワークが必要な大会でもあり、チームメンバーの得意不得意をうまく活かしながら問題を解いていくその経験は、1 人だけで解決するのが難しい問題をチームとして取り組むとういこともあり、そういったところで社会人になった今でも活きていると感じています。遠くに住む猛者たちとも切磋琢磨できる数少ない場だと思いますので、是非楽しみながら様々な経験をしていただければと思います。皆様の活躍応援しておりますので、頑張ってください。


株式会社MUJIN

皆さんこんにちは!MUJINの山内です!
去年に引き続き、今年もスポンサーとして皆さんを応援することができ、嬉しく思います。準備のほうはいかがでしょうか?皆さんが全力を出し切って戦えることを心より祈っております。

MUJINは、高度なソフトウェア技術力により、産業用ロボットに「脳」と「目」を与え自律的に動作させる次世代のロボット制御システムの開発と、自律的ロボットにより生産現場や物流現場の自動化を推進している会社です。特に少子高齢化による労働人口の減少が進む日本では、知能化による産業用ロボットの活用範囲の拡大が、社会の維持・成長のため喫緊の課題になっております。MUJINの自律的制御システムは、ロボットを知能化しこの課題を解決するもので、弊社のソフトウェアエンジニアの書いたコードが生産や物流の現場でロボットを動かし、実際の世界で大活躍しています。このシステムの開発には、高度な技術と優秀なソフトウェアエンジニアが不可欠です。MUJINで活躍しているエンジニアにも、皆さんのようにACM-ICPCやImagineCup、手前味噌ながらMUJIN Programming Challengeで活躍した社員が多く、ACM-ICPCで培った実力・経験は必ず今後のキャリアに活きると思います。皆さんには、本大会に参加している優秀な未来のエンジニア達との協力や競争、交流を通じて多くの事を学んでほしいと思います。何より、ACM-ICPCを楽しんで下さい!皆さんのご健闘を心より願っております!


株式会社リクルート

ICPC参加者のみなさんこんにちは!こちらのコーナーでは株式会社リクルート(Indeed Tokyo)を代表して劉がご挨拶申し上げます.

まず,みなさんはICPCにどんな思いを抱いているでしょうか.プロコンが好きで大学生だから出てみよう!(又は,そういった友達に連れられて参加している)という方が多いのではないのでしょうか.コンテストがあればとりあえず出る,尤もな動機だと思います.

しかし,ICPCに出るからには味わってほしい楽しみというものがあります.それはチーム戦の楽しみです.

普段のコンテストは難問に孤独に立ち向かうことを強いられているでしょうが,ICPCではチームメイトに助けを求めたり,能力を補い合ってより高みを目指すことができます.個人で参加していてはどうやっても対処できない問題を捌いていくのはとても爽快感があります.

チームコンテストなんて,自分のやりたいタイミングで実装できないし,思い通りにならなくてもどかしい,なんて人もいるかもしれません.

しかし,これこそがICPCで差を付けるチャンスです.皆同じハンデを負っている中,影響をいかに最小限に留めることができるかが鍵です.

一般には,パソコンをなるべく空けないように,誰かはコーディングしている状態を保つのが最善とされています.また,いざパソコンを使えるようになったとき実装をスムーズに進められるように,頭の中や紙の上で大まかな実装の概要を考え簡潔にしておくことで,普段より速くコーディングを済ませることができます.

さて,ここまで競技について触れてきましたが,ここをご覧の方にはICPCのコンテストと職業としてのプログラマに実際のところ一体何の関係があるのか疑問に思う方も多いでしょう.

しかし,心配は無用です.こういったコンテストに出ている人はコーディング能力が大変高いです.アルゴリズムに関わる作業においてはコンテスト経験のない人と比べれば圧倒的なのはもちろんのこと,コンテストへの参加で培われた,ちょっとしたロジックを思い浮かべ正確に記述する能力は基礎スキルとして必ず助けになるでしょう.なので,思う存分プログラミングコンテストに打ち込んでください.

そして,リクルート(Indeed Tokyo) では数々のICPC元参加者たちがその能力を日々遺憾なく発揮させています.大規模なトラフィックやデータを扱う上で計算量の理解は役に立ちますし,簡潔なコードを書く能力も大いに役に立ちます.元参加者は入社してからも日常的にコンテストに参加している人も多いですし,機械学習コンペに転向しトッププレイヤーまで上り詰めた人もいます.私自身も今年の4月にはICPC世界大会に参加しました.

最後になりますが,選手の皆さん,国内予選とアジア地区予選,そして世界大会での活躍を期待しています!

ソフトウェアエンジニア 劉


日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社

みなさん、こんにちは。日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ天野です。

当社は、インドに拠点を置く世界有数のコングロマリット、タタ・グループのIT企業TCSと、
世界中でビジネス展開する三菱商事の合弁会社です。
今、AIやIoTといったデジタル技術は著しい変化を続け、企業は変革が求められています。
いかに迅速にアジャイルな事業体制を構築できるかが、競争を勝ち抜く鍵です。
当社はお客様にその道筋を示すパートナーの役割を担うべく、ITプロフェッショナル育成にも注力しており、
その一環として、本大会にも協賛しています。

ACM-ICPCで担った、プログラミングスキルと問題解決能力、優れたチームワークは、今後のキャリアにも必ず活かされます。
是非、この経験を大切にし、楽しんでください。
皆様の実力が最大限発揮されることを祈っています。
本選でお会いしましょう。

HR人材統括部 採用マネージャー 天野留美子


グーグル合同会社

みなさん、こんにちは!昨年まで選手やコーチとして参加していた自分が、いろいろ思い出しながら企業メッセージを書く立場になるのは感慨深いです。アルゴリズムを考えてプログラムとして表現する楽しさを目一杯味わってもらえたら嬉しいです。

ところで、Google からの今年の企業賞は、「国内予選の総正答数を N としたとき、1 googol (=10^100) mod N 番目の正答を出したチーム(値が 0 のときは N 番目のチーム)」に授与されます。ふむふむなるほど、偏りがありそうですね。さらに過去の大会から、今大会の総正答数や参加チーム数、問題数などを予想すれば、事前に傾向を分析できそうです。そして本番で確率が高そうなタイミングで提出すれば…夢が広がりますね!

みなさんが今大会を精一杯楽しんで悔いのない結果が出せるように応援しています!

Software Engineer, 瀧瀬和樹


株式会社いい生活

writer: 株式会社いい生活 アルゴリズム同好会会長 越智来人

■ A – e-seiseki

ICPC 国内予選の成績のうち、次の条件を満たすものをいい成績と定義する。

* アジア横浜大会の出場チームに選抜されること。

* 任意のチームメンバーが悔いを残さないこと。

* その他、各自が定めた目標を達成すること。

あなたは N 週間後に ICPC 国内予選を控えている。

このとき、貴チームの地区予選での成績がいい成績となる確率を少しでも高くするために、今のあなたが取り得る有効な行動の数を数え上げよ。

ただし、答えはとても大きな数になる可能性があるため、答えを 10^9+7 で割った余りを出力せよ。


株式会社ドワンゴ

ドワンゴは、niconicoなどのWebサービスの運営する会社です。
アプリケーションやサービス開発だけにとどまらず、低レイヤなソフトウェア開発はもちろん、FPGAを用いたハードウェア開発まで行い、幅広い分野の技術者が活躍しています。
また、機械学習, 3DCG, コンピュータビジョンなどに関連した研究開発を行うドワンゴメディアヴィレッジという組織があり、少し先の未来を見据えた開発にも力を入れています。

ドワンゴには競プロ経験者が多く働いており、ドワンゴ競技プログラミング同好会があります。
一緒にコンテストや勉強会に参加したり、自社で開催するコンテストの運営も活動の一貫です。
ICPCは日本中・世界中の学生と競い合い、楽しみながら学習し、人脈を広げるまたとない機会です。
皆さんのコンテストでのご健闘を願っています。

ドワンゴ競技プログラミング同好会 一同


株式会社フィックスターズ

皆さんこんにちは。株式会社フィックスターズの吉田・長江です。

私達は去年、一昨年とACM-ICPCに選手、コーチとして参加していましたが、今回はスポンサーとして皆様をサポート出来ることを嬉しく思います。
フィックスターズでは、ハードウェアの性能を最大限引き出せるようなアルゴリズムを設計しプログラムを書きます。
そのためどの演算がどの程度行われるかといった、計算量の見積もりなどが重要となることも多く、競技プログラミングの経験が活きてくる場面は少なくありません。

また実装力が必要となることも多々あり、ACM-ICPCで鍛えられた力は大いに役立ちます。
加えて(WAを出し続けて鍛えられる)メンタルの強さも活かされると思います。

ACM-ICPCで得られる技術的なスキルはもちろん、それ以外の友人との出会いや人脈なども貴重なものです。
この国内予選が仲間と共に戦ったというかけがえのない思い出となることを願っています。
皆様と本選でお会いできることを楽しみにしています!

エンジニア 吉田・長江