作成者別アーカイブ: Rie Shigetomi YAMAGUCHI

2018 世界大会開催

4月19日11:00〜16:00(予定,例年はやめにはじめます)で世界大会が行われます.日本チームを是非応援してください.

日本における運営・選抜に関するBoard の考え方

2018年4月16日
ICPC Board, Japan

ICPC Board では,下記の考え方に基づいて運営を行い,選抜ルールを決定しています.

 

国内予選から日本開催のアジア地区大会への選抜ルールについて

国内予選から日本開催のアジア地区大会への選抜ルールは,下記の観点から決定しています.

  1. 世界大会で活躍できるチームを選抜する
    地区大会の使命として,世界大会で活躍できるチームを選抜しなければなりません.
  2. 特定校への偏りを排す
    ICPC は公益財団が主催し, 広くプログラミング教育に資することを重要な目的としています.このため,一部校に大きく偏ることなく,なるべく多くの学校の学生にチャンスがあることが望ましいところです.
  3. 世界大会への進出数を多く
    地区大会からできるだけ多くのチームの世界大会進出を目指しています.進出数が多ければ,ICPC 参加の動機が高まり,プログラミング教育により大きく資することができるでしょう.世界大会への進出数は,地区大会への参加学校数やチーム数によって決まります.近年,この決定にはチーム数より学校数,ネットワーク上で行う予選よりも集合開催する地区大会の重みが大きくなっています.
  4. 参加チームがアジア地区大会を楽しめるように
    参加チームのプログラミングの力に極端な差があるようでは,多くのチームが大会を楽しむことができないでしょう.問題が難しすぎて手も足もでない,逆に簡単すぎてすぐに終わってしまうようでは,競技を楽しめません.より多くの参加チームが楽しめるようにするためには,選抜するチームは一定レベル以上の力を持つ必要があります.
  5. ホスト校への配慮
    アジア地区大会の開催には多大な労力を必要とします.大会ホスト校に十分なメリットがなくては,ホストしていただける学校がなくなってしまい,開催が難しくなります.

これらの観点のうち,2. や 3. からは,各校の国内予選トップのチームをアジア地区大会に選抜するのがよいことになります.しかし,1. の観点からはより多くの国内予選上位チームが地区大会で競った方が,実力の高いチームを選抜しやすいでしょう.また,レベルが低いチームしか参加しなかった学校からのチームでは,アジア地区大会を楽しめないおそれが高く,4. にも反します.逆に国内予選成績の順位だけで地区大会進出チームを決めると,2. や3. を満たせないことになります.

選抜ルールはこれらの矛盾する観点のバランスを考慮して策定しています.

参加経費の負担について

日本以外で開催するアジア地区大会の参加チーム数は大きく増加してきています.日本でも国内予選参加チーム数は大きく増えてきましたが,ネットワーク上ではないアジア地区大会の参加チーム数を増やさなければ,世界大会へ選抜されるチーム数を維持することができなくなってきました.

日本における国内予選の参加チーム数

一方,開催予算には限りがあります.年々より多くのスポンサーからご支援をいただくようになってきてはいますが,地区大会の運営経費は参加チーム数に比例する部分が大きく,多くの参加チームの宿泊費用を全額負担するのが難しくなってきました.一方,開催地との遠近が選手の参加経費を大きく左右するのは公平性の観点から望ましくなく,交通費の支援継続は必要です.こうしたことから,昨年から参加全チームについて宿泊費の一部負担をお願いすることとしました.

応援メッセージ

来るACM-ICPC国内予選に参加するみなさまに向けて、協賛していただいた企業の方々からいただいた応援メッセージを掲載します。全文は、筑波大会内の、応援メッセージのページをご覧ください。

 

LINE株式会社 line ACM-ICPCに参加される皆さん LINEはサービス提供している主要4カ国(日本、台湾、タイ、インドネシア)におけるMAUは1億7000万人となりました。沢山の方に普段のコミュニケーションとして利用していただき、それを →全文
株式会社リクルートホールディングス recruit こんにちは、Indeed Tokyo(リクルートホールディングス)ソフトウェアエンジニアの三上です。私も、つい去年までは皆様と同じように選手としてACM-ICPCに参加していました。Indeedでは、月間2億を超える→全文
株式会社Preferred Networks preferrednetworks エンジニアの楠本です。早いものでICPCには選手や運営のボランティアなどで関わり続けて9年近くが経ちました。選手の皆様を応援しているのは毎年のことなので、今回は弊社の事業領域の一つでもある自動運転→全文
株式会社ドワンゴ dwango シェルソートの話をします。シェルソートの詳細は各自調べていただくこととして、ここでは「ギャップ列として 『{ 2^p*3^q | 2^p*3^q < N (N = 配列長) } の降順』をとったとき、シェルソートの計算量は O(N log^2(N)) になる →全文
ヤフー株式会社 yahoo こんにちは。ヤフー株式会社 競技プログラミング同好会です。今年もスポンサーとしてお手伝いすることができ、嬉しく思います。ヤフーは、「課題解決エンジン」として、情報技術を使った人々や社会の課題の解決に取り組んで →全文
日本IBM ibm ACM-ICPC国内予選に参加される選手の皆さん、こんにちは。日本IBMは2017年6月17日に創立80周年を迎えました。私たちは世界中のIBMerと共にテクノロジーの力で新たな価値やイノベーションを生み出し、世界をより良いもの→全文
株式会社フィックスターズ fixstars 株式会社フィックスターズの佐山です。フィックスターズでは、計算機の性能を最大限に発揮するためのソフトウェア、ハードウェア開発に取り組んでいます。開発現場では、数多くのアルゴリズムに対する深い理解や、正確→全文
株式会社MUJIN mujin 皆さんこんにちは!MUJINの山内です!去年に引き続き、今年もスポンサーとして皆さんを応援することができ、嬉しく思います。準備のほうはいかがでしょうか?皆さんが全力を出し切って戦えることを心より→全文
NTTコミュニケーションズ株式会社 ntt みなさん、こんにちは。NTTコミュニケーションズ小倉です。去年に引き続きみなさんを応援させていただくことになり、大変嬉しく思っております。NTTコミュニケーションズは、世界中に張り巡らされたネットワークや→全文
グーグル合同会社 google 皆さん、ガンガン練習すれば必ず己の力となってきます。国内予選ではとても強い全国の同年代のライバル達と実装のテクニックや、問題解決の能力を競い、楽しみながらも成長していけます。ふだんから競技プログラミング→全文
株式会社レコチョク ntt こんにちは。レコチョクの松嶋です。皆さんにとって音楽はどんな存在ですか?私は、様々なエンターテイメントを楽しむことができる現代において音楽はたった数十秒で人の感情を動かすことができる唯一のツールだと→全文
freee株式会社 freee ACM-ICPCに参加される皆さん こんにちは、freee株式会社CTOの横路です。freeeにはACM-ICPCのアジア大会に入賞経験があるメンバーが在籍するなど、アルゴリズム・コーディングへの深い洞察を持つエンジニアが多く活躍→全文
株式会社レトリバ retrieva ACM-ICPCに参加される皆様こんにちは。株式会社レトリバの西鳥羽です。学部生時代に2回ほど参加していました。国内予選も勝ち抜けませんでしたが、それでも参加してよかったと思っています。その当時と比べてもこの大→全文
株式会社いい生活 e-seikatsu こんにちは!いい生活 競プロ部の越智です。当社はIT化が遅れていた不動産業界をテクノロジーの力でオープンな世界へと変革し、より多くの「いい生活」を実現することを目指しています。突然ですが、私はICPCに出場→全文
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社 tcs みなさん、こんにちは!日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(日本TCS)です。グローバルに展開するタタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、ITサービス、コンサルティング、ビジネスソリューションの大手企業です→全文