投稿者「Rie Shigetomi YAMAGUCHI」のアーカイブ

来年以降の世界大会選抜

毎年,ICPC 世界大会(World Finals)ではコンテストと並行して,次年以降の世界大会進出チームの選抜方式等が議論されています. ICPC(HQ: Headquarte) からは,世界大会へ出場できないチームのモチベーションをあげる方策の検討要請が繰り返されてきています.

こうした事情を踏まえて, 日本が所属するPSP (Asia Pacific and Southeast Peninsula) 地域では,今後の世界大会進出チームの選抜方式を変えることにしました。

2019年度は大きな変化がありませんが, 2020年度には各地区大会の優勝チームの世界大会進出を確定した上で, 2位以下のチームを集めて新たな大会を行って残りの世界大会進出チームを選抜することになりました.

詳細はこれからの議論で決まります.順次,お知らせしますので今後のアナウンスにご注意ください.

2019 世界大会 結果

ICPC2019世界大会、日本からの参加チームは,東京大学が3位(金メダル),筑波大学が21位,京都大学早稲田大学が41位でした.今年は日本チームが,4チームとも5問以上正解し,世界大会参加135チームの上位半数以上の順位を獲得し,大変好成績を収めました.

公式順位表
問題

なお表彰式では、ICPC Board Japan の筧先生が、Asia Associate Director として壇上で東大チームを祝福しました.

来年の世界大会はモスクワが予定されています.

IOI ボランティア募集のお知らせ

今年9月,ICPCと関係性の高い情報オリンピックの世界大会が日本で開催されます.

IOIでは,ボランティアを募集しています.〆切が過ぎていますが,まだまだ参加者を募集していますので,是非,応募をご検討下さい.

特に,ICPC経験者は,「OB / OG / 競技プログラミング経験者」の枠で,重要な役割を果たすことが期待されており,条件も優遇されています.国内予選だけしか参加したことがない,等でもかまいません.なお,交通費等は支給され,宿泊についても実行委員会にて負担されます.

ボランティア募集