来年以降の世界大会選抜


毎年,ICPC 世界大会(World Finals)ではコンテストと並行して,次年以降の世界大会進出チームの選抜方式等が議論されています. ICPC HQ (Headquarter) からは,世界大会へ出場できないチームのモチベーションをあげる方策の検討要請が繰り返されてきています.

こうした事情を踏まえて, 日本が所属するPSP (Asia Pacific and Southeast Peninsula) 地域では,今後の世界大会進出チームの選抜方式を変えることにしました。

2019年度は大きな変化がありませんが, 2020年度には各地区大会の優勝チームの世界大会進出を確定した上で, 2位以下のチームを集めて新たな大会を行って残りの世界大会進出チームを選抜することになりました.

詳細はこれからの議論で決まります.順次,お知らせしますので今後のアナウンスにご注意ください.