応援メッセージ(アジア地区大会2019)


来るICPアジア大会に参加するみなさまに向けて、協賛していただいた企業の方々からいただいた応援メッセージを掲載します。全文は、応援メッセージのページをご覧ください。

華為技術日本株式会社 opt 皆さん予選通過おめでとうございます!皆さんは今、地区大会に向けて頑張っているのと同じくらいこの瞬間を楽しんでいると思います。地区大会ではファーウェイも会場で皆さんを応援します。ご存じの通り、情報技術は持続可能な発展を推進しています。なのでテクノロジーで課題を解決するのに長けた皆さんは、世界をよりよくするための使命も担っているのです。会社のビジョンと使命を継承するため、我々は持続可能な発展戦略を策定し、かつそれを優先事項ととらえ、当社の成長戦略に全面的に取り込んでいます。→全文
日本電気株式会社 opt ICPCアジア地区大会に出場される皆さん、国内予選の突破おめでとうございます。私たちNECはデジタルで社会を取り巻く環境が大きく変化・進化していく中で「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を実現するために以下の2点が大切であると考えています。①デジタルテクノロジーを駆使してビジネスプロセスを加速することその時々の最善を直ちに見極め迅速に意思決定し 、行動を変化させる②「オープンな組織 」を実現すること互いに→全文
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社 opt 国内予選突破おめでとうございます!本大会において、皆さんの挑戦を応援することができとても光栄です。当社は、グローバルITサービスブランドBIG3の一角を担うタタコンサルタンシーサービシズ(TCS)と三菱商事の合弁会社として5年前に誕生しました。世界と日本の卓越した知見の融合(ハイブリッド)が生み出す業界最高水準のソリューションで、日本企業のグローバル化とビジネス変革を支援しています。→全文
グーグル合同会社 opt 【問題】ある企業 (*) の用いる暗号化方式が以下のように新しくなりました。秘密裏に入手した暗号化に用いられた鍵と、暗号文をもとに、再びもとのメッセージを復元してください。
(*) https://icpc.iisf.or.jp/2019yokohama
/2019kokunaiyosen/2019ouen/#goo
【暗号化方式】鍵を char の N × N 行列、平文を長さ L の文字列とする。平文長が N の倍数となるよう末尾に ’#’ を追加したのち、平文を N 文字ごとに区切り、次に示す encrypt_partial() の適用結果をもとの順通りに連結したものを暗号文とする。→全文
株式会社いい生活 opt おはようございます!当日に向けて起床ACの準備はできていますか?株式会社いい生活の井上です。国内予選の突破、おめでとうございます。「いい生活」では、不動産に関する膨大な情報を取り扱っています。それらを効率よく扱うためには、アルゴリズムに精通したエンジニアが必要です。適切なアルゴリズムを考えて実装する力や、他人が理解しやすいコードを書く力、テストケースを考える力は、仕事でも役立っています。→全文
株式会社フィックスターズ opt ICPCアジア横浜大会進出チームのみなさん、国内予選通過おめでとうございます。今回が初めてのアジア地区大会進出というチームもあれば、アジア地区大会常連でここは通過点に過ぎないというチームもあるかもしれません。初めてアジア地区大会に参加する選手などは特に会場や大会の雰囲気に圧倒されてしまうかもしれませんが、どのチーム・どの選手も悔いを残さず全力で取り組めることを願っています。→全文
株式会社LegalForce opt こんにちは、LegalForceの勝田です。アジア地区予選に出場される皆様、国内予選突破おめでとうございます。LegalForceは「プロフェッショナルに、驚きと感動を。」をミッションとし、2017年4月から、多忙な弁護士をはじめとする法務プロフェッショナルのサポートを行う契約書作成支援システムの開発に取り組んでおります。私の所属している研究開発部門は、法律事務所Zelo、京都大学の森先生、末永先生、そしてRubyの生みの親である、まつもとゆきひろさんのご協力を頂きつつ、→全文
日本アイ・ビー・エム株式会社 opt 皆さん、国内予選突破おめでとうございます。IBM東京基礎研究所の今道です。IBMは最先端テクノロジーとコンサルティングの知見を活用して、お客様のデジタル変革を支援しています。1911年に創業し、世界の170ヶ国以上でビジネスを展開しています。研究開発部門であるIBM Researchは1945年に始まり、これまでに最初のプログラミング言語であるFortran, 関係データベース、RISCアーキテクチャなどを生み出し、現在もブロックチェーンや量子コンピューターなどの研究開発を行っています。→全文
オン・セミコンダクター株式会社 今年もこの季節がやってきました。プログラミングアスリートの皆さんの熱戦をサポートできることを非常に光栄に感じています。 コンテスト参加選手は心技体を鍛錬し世界基準で戦うという経験をされている精鋭で、皆さんが醸し出すエネルギーにこちらも癒され奮起させてもらっています。我々の世に出す製品も昔はハードウェアという位置づけでしたが、今ではお客様の革新的な製品開発をサポートするためにモジュール化やプログラミング化が必須のコンピテンシーとなっています。皆さんの技能は引き続き社会の発展を支えることになると確信します。 →全文
NTTコミュニケーションズ株式会社 opt 国内予選突破おめでとうございます!今年も皆さんを応援できる季節がやってきたとワクワクで心躍らせております。昨年同様、NTTコミュニケーションズは参加企業としてだけではなく、会場内ネットワークの提供というかたちでも、皆さんを応援させて頂きます。NTTコミュニケーションズは、世界中に張り巡らされたネットワークやデータセンターを強みとしており、またIaaS、PaaSといったクラウド分野に加えて、IoT、ビッグデータ、AIといった先進的な技術分野で、お客様のビジネスプロセスの革新、UI、UXデザインをより意識した新規ビジネスモデルやサービスの創出に→全文
株式会社レトリバ opt こんにちは株式会社レトリバの西鳥羽です。ICPCアジア横浜大会に出場される皆様、国内予選突破おめでとうございます。レトリバでは自然言語処理、情報検索、音声認識を用いて企業向けのソフトウェアを開発していますが、日々効率的なアルゴリズムの実装やピアレビュー、デバッグなどの機会は現れてきますので皆さんが培われた力は将来発揮される場はございます。実際、私の他にもACM-ICPC経験者はおり、問題に対する考察力やプログラムを速く正確に実装する力はソフトウェアの製品開発に役立っています。皆様が大会で全力を発揮できるよう応援しております。→全文
株式会社ディー・エヌ・エー opt こんにちは、株式会社ディー・エヌ・エーのエンジニアの森です。ICPC 2019 アジア地区予選に参加される皆様、予選突破おめでとうございます!私も昔ICPCに選手として参加していましたが、年々参加者のレベルが上がり国内予選の問題もどんどん難しくなってきていると感じます。その中でアジア地区予選に進出するためには日頃から楽しんで問題を解いていないとできない事だと思います。ICPCで戦うためには英語の問題の内容を把握し分析・分解する能力、問題・作業の優先度を付ける事、チームを効率的に動かす方法の模索、正確なコーディング能力、入出力やテストを→全文
freee株式会社 こんにちは、freee株式会社CTOの横路です。freeeにはICPCのアジア大会に入賞経験があるメンバーが在籍するなど、アルゴリズム・コーディングへの深い洞察を持つエンジニアが多く活躍しています。技術的な高い知見に基づいて、ユーザーの課題を本質的に解決できるサービス作りを目指し、様々な技術的強みを持つチームが、切磋琢磨しながら開発にあたっています。freeeは「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに持ち、中小企業の方々がそれぞれの事業に持つ夢→全文
株式会社オプト opt こんにちは、株式会社オプトの山下です。ICPC 2019 アジア地区横浜大会へ選抜された皆さま、おめでとうございます。
私たちオプトはWeb広告代理店としての事業に軸足を置きつつも、Innovation Agency として日本のデジタルシフトの推進に挑戦しています。「自分の未来と、個客の未来の、重なるところへ。」という私たちの vision は、オプトとお客様という関係のみならず社員とオプトの関係にも適用され、社員一人ひとりの “やりたいこと” が尊重される文化が形成されています。その文化の中で、競技プログラミングが好きなメンバーが集まり、競プロ会が毎週開催され→全文